■ 西尾和美氏認定カウンセラー 阿部ゆかり先生の
  アダルトチルドレンワークショップ リプロセスリトリート in 箱根


定員:22名(→残席6名
すぐに申し込む方はこちらをクリック。

2010年4月9日13:00より、4月11日までの2泊3日間、箱根にある自然豊かな温泉地仙石原にある小田急箱根ハイランドホテルにて、西尾和美先生認定のリプロセスカウンセラー阿部ゆかり先生が、アダルトチルドレンのためのワークショップを行います。

リプロセスワークは、アダルトチルドレンを専門的にカウンセリングをされてきた西尾和美先生が、独自で開発した、ACの為の癒しと回復の手法です。

既に数千人の体験者がいて、回復事例が多く、成果があがっています。




もくじ 
  1. リプロセスリトリート・ワークショップとは
  2. リプロセスリトリート・ワークショップの内容詳細
  3. カウンセラー 阿部ゆかり先生のプロフィール
  4. セミナー参加の対象となる人、対象とはならない人
  5. ワークショップ会場
  6. 会場までの交通
  7. 日程と内容
  8. 料金と定員
  9. 注意事項 ※必ずお読みください。
  10. 申し込み方法
  11. 体験者の声
  12. 特別商取引法表記
  13. 追伸
  14. セミナー概要
  15. 申し込みフォーム


■アダルトチルドレンが抱える問題

― アダルトチルドレンが抱える問題や症状について、典型的なものをいくつかあげて見ましょう。

アダルトチルドレンが抱える問題は以下のようなものです。

□ ものごとを最期までやり遂げることが難しい
□ 自分に自信がない。自分はダメだと思う
□ 自分に対して過酷な批判をする
□ 他人と親密な関係を持つのが難しい
□ 白黒がはっきりしすぎて、ほどほどにすることができない
□ 必要以上に相手に忠実である
□ 何が正常で、何が異常なのか分からない
□ 他人からの助けを得るのが下手である、
□ 自分は他人と違っていて、居場所が無く、孤独に感じる
□ 他人から認められたいという気持ちが強い
□ 何かあると反射的に反応する、又は何の反応もしない
□ 自分でコントロールできない状態が起きるとパニックを起こす
□ 常に怒りが爆発したり、イライラしている
□ 理由もないのに、体の調子が悪い
□ 摂食障害になっている
□ うつ状態になりやすい
□ アルコールや、処方薬などに依存している
□ よく不安感を感じている
□ 自分の感情が鈍磨していたり、体からでるメッセージに気がつかない
□ 対人恐怖があったり、引きこもりをしている


などです。まだ他にも項目はありますが、これらは、人間であれば、誰でもが時には当てはまります。しかし、多くの項目が常に当てはまる場合は、あなたはアダルトチルドレンの一人かもしれません。これらは、機能不全な家族の中で、生き抜くための手段として、長い間かかって無意識のうちに作り上げられたパターンかもしれません。もしそうであるならば、癒しのワークをしていくことで、これらの生き苦しさや、問題のパターンを変えていける可能性があります。



■アダルトチルドレンとは?

アダルトチルドレンとはなんなのでしょうか?

アダルトチルドレンとは、今は大人になっているけれど、
子どものとき、アルコール依存症などの
機能不全な家族で育った人たち(Adult Children of Alcoholics)と、
今でもそういった家族で育っている子どもたち(Children of Alcoholics)と
区別をつけるためにつくられた言葉です。

区別をつける必要があったのは、現在機能不全な家族で育っている子どもには、
自己を振り返るだけの能力が、ととのっていませんが、
もう大人になってしまった人は、過去を振り返ってみて、
問題を直視でき、癒しができるからです。

ここで扱うのは、大人の問題です。

子どものころ、アルコール依存症などの親がいて、
心を傷つけられるような言動や、暴力のある環境で育った人たちに、
いくつかの共通点が見られることがわかりました。

心の傷(トラウマ)の影響で、心や、人間関係に障害を持ったり、
息苦しさを感じたりしている大人たちが多くいることが判明したのです。

こうした人たちのことをアダルトチルドレンと呼ぶようになりました。

アダルトチルドレンという言葉を共有することができるようになって、
自己意識が高まり、癒しや回復への希望を可能にしました。


■ リプロセスリトリート・ワークショップとは

― アダルトチルドレン、癒しと回復のためのリプロセスリトリートワークショップについて、ご説明します。

リプロセスリトリートは、米国から、アダルトチルドレンの概念を日本に伝えた心理学博士、西尾和美氏が、クライアントへのカウンセリング経験から開発した、アダルトチルドレン回復の為の癒しのプロセスです。

著書より、抜粋します。

「私のもとに続々と来る摂食障害の人、アルコール依存の人、性的虐待を受けた人たちにサイコセラピーを行う中で、多くのアダルトチャイルドの方々が、子どものときに安全性が確保されていない不全な家族の中で相当な心の傷を受けて育っており、一対一のカウンセリングでは、なかなか回復しないことがわかりました。

そこで、もっと効果的な方法として作り上げたのが、リプロセス・リトリートというワークです。

●リプロセスリトリートとは?

リプロセス・リトリートは私が自ら体験し、クライアントに試した中で効果のあったものだけを集めて、実践的に作り上げた癒しの手法です。

アダルトチルドレンの癒しには、この手法は、非常に有効な方法の一つです。

アダルトチルドレンの回復と癒しのためのリプロセス・リトリートは、以下の8つの過程から成り立っています。

【リプロセス・リトリート 8ステップ】

1.安全性の確保
2.問題の認識
3.トラウマ(心の傷)の表現
4.トラウマの再現
5.トラウマのやりなおし
6.アファメーション
7.行動と思考の健全化
8.人間関係の健全化


8つのステップを骨組みに
以下の手法を取り入れながら
ワークを行います。」

■ リプロセスリトリート・ワークショップの内容詳細

― リプロセスリトリートについて、さらに詳しくご説明します。

リプロセスリトリートとは、多くのワークによって、なりたっていますが、その要になるものは、トラウマの再現と、やりなおしワーク(劇)です。

トラウマの再現とやりなおしワーク(劇)とは、主に家族などからトラウマを受けたその現場、状況、セリフや動作を、参加者に協力してもらって、再現し、その中で感じた感情を再体験した後に「こうあればよかった、こういう体験がしたかった」という健全な体験を、劇の中で体感します。

トラウマを再体験する劇の中で、潜在意識が開かれ、また「こうありたかった」という状況を再現する劇の中で開いた潜在意識に、自分が欲しかった体験を与えると、脳はそれを本当のものと受け止める可能性があります。

そうして、心深くを癒す体験をすると、現実の生活の中で感じることが変わってくるケースが多いです。

●リプロセスリトリートで行われるトラウマの再現と、やりなおしワーク(劇)


1.内容の説明と準備

参加者の安全性を確保するために
注意事項の説明をし
トラウマの再現とやりなおしワーク(劇)
をする準備をしていきます。





2.トラウマの再現劇

家族からトラウマを受けた体験を
再現する劇を行います。
※ただし、実際に暴力をふるわれた
 シーンなどの場合、そのシンボルとなる
 音などの再現にとどめ、実際に暴力を
 ふるうことまでは再現しません。


3.親からの謝罪を受ける


主に親など、トラウマを与えた人から
謝ってもらう体験をします。
そして、トラウマを受けた当時は
言えなかったり、表現できなかった感情を
表現します。



4.欲しかったものを受け取る

こうであってほしかったという状況を
再現し、全身で体験します。
頭による知識、理解ではなく、
感情として、癒していきます。




■ 体験者の声 この体験は時が経つほどに、じんわり心や脳みそに染みてくる
   砂田 安土様より

砂田 安土様の
リプロセスリトリートを受けたご感想

【プロセスワークを受ける前の自分の状態はどんなでしたか】
感情の激しい不安定さに疲れていた。特に『怒り』というものが自分でコントロールすることが困難だった。

【プロセスワークで解決したかった問題はどんなものでしたか】
自分を自分自身で『癒す』にはどうしたらいいのか。その方法を知りたかった。

【ワークはどの様な体験でしたか】
言葉にするのはとても難しいのですが、とても刺激的で不思議な体験でした。
どんな素敵な楽しい体験も時が経てば薄れてゆくもの。ですが、この体験は時が経つほどに、じんわり心や脳みそに染みてくるような気がします。

【ワークを受けたあと、どのように自分が変化しましたか】
自分の心の底にあった意識すら出来なかった『膜』が一気にひっぺがされたような感じ。『膜』が取れた状態で見るもの、聞くもの、すべてが以前と違う。ヒリヒリした感じも同時にありますが、これから少しずつ慣れていけたら、と思います。(砂田 安土様より)


申し込みフォームはこちら


■ カウンセラー 阿部ゆかり先生のプロフィール

― 箱根セミナーでのリプロセスカウンセラー 阿部ゆかり先生をご紹介します。

阿部ゆかり先生は、母親を自殺によってなくし、
そのトラウマ体験を、西尾和美先生のリプロセスリトリート
によって、癒し、回復した体験をもっています。

北海道の東部で、FCCN(家族と子どもケアネットワーク
カウンセリングセンター)を代表をされており、西尾和美氏の
元でトレーナー養成を受け、正式にリプロセスワークを
行うことを認められた数少ないカウンセラーの一人です。

今までも既に数回、北海道にて
リプロセスワークを開催しており、
人気があるため、募集を開始するとともに
30分で席が埋まってしまうことも珍しくありません。

今は、最愛の旦那さんと、息子さんと
幸せな家庭を築かれています。

■経歴


臨床心理学修士
M・A クリニカル・サイコロジー
セラピスト(心理療法士)カウンセラー 

アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理学大学院 クリニカル・サイコロジー・マスター日本プログラム卒

■著書


『悲しみの向こう側』 /FCCNカウンセリングセンター


■ リプロセスリトリート対象となる人 対象にはならない人

― リプロセスリトリートの対象となる人とならない人をご説明します。

リプロセスリトリートは、自らがAC・アダルトチルドレンであることを自覚した当事者が、自らの心の傷、トラウマを、自らの力で癒し、回復するために、過去の体験や、理想的な環境を再現をする劇をメインとした全員参加型ワークショップです。

したがって、リプロセスリトリートに参加される際には、対象となる人、ならない人があります。
それぞれ、以下の通りです。

【リプロセスリトリートの対象となる方】

・アダルトチルドレン当事者であるという自覚がある方。
・心の傷、トラウマを癒し、回復させたい意志がある方。
・同じ意識をもつ当事者の人の輪の中で、自らの心の傷を自ら癒し、回復させる意志がある方。
・現在、何らかの精神病、精神疾患をおもちの場合は、本セミナー参加に際して、主治医の了解を得ている方。
・自分の世話、自分のケアは自らの責任で行える方。セミナー終了後も、フォローが受けられる方。
・参加者の安全性を確保するために、自分以外の参加者のワークに関する話を、セミナーの外に持ち出さないとお約束頂ける方。



【リプロセスリトリートの対象とはならない方】

・アダルトチルドレン当事者としての自覚がない方。興味本位の方。
・当事者ではなく、他人事として、取材、執筆などを目的とする方。
・薬や手術などのように、他人に治療をしてもらうことが目的の方。
・現在、何らかの精神病、精神疾患をおもちの方で、本セミナー参加に際して、主治医の了解を得ていない方。
・自分の世話、自分のケアは自らの責任で行うことができず、他人の介護や援助、サポートを必要とする方。
・自分以外の参加者のワークに関する話を、セミナーの外に持ち出さないとお約束頂けない方。
・統合失調症と診断されている方。




■ リプロセスリトリートでできること

― リプロセスリトリートでできることは以下の通りです。

・今の自分の心の状態がアダルトチルドレンや共依存の特徴にあてはまるのか、自分の育った家族環境が、機能不全なものであったかどうかについて、チェックする。

・アダルトチルドレン当事者であるという認識をもった人々の輪の中で、自分の心の傷となった体験を再現し、そのとき欲しかったものを、参加者の方々を通じて再現し、受け取る体験をする。

・安全で守られた環境の中で、悲しみや怒りという人には出しにくい感情を、絵を描いたり、文章で書いたり、体で表現したり、再現する劇のなかで表現して、外に出す。

・過去に自分のトラウマや心の傷を与えたと思われる人に対して、その当時は言えなかったこと、言いたかったのに言えなかったこと、してほしかったのしてもらえなかったこを、再現する劇の中で、再現し、伝える体験する。

・自分に勇気や元気を与えるような、欲しかった言葉、欲しかった働きかけを、参加している人に自ら働きかけをして、協力してもらって、自分に与える体験をする。



※ワークの内容は、トレーナーの経験と直感、当日の参加者の様子や状況によって、多様に変化します。上記全ての体験が可能なわけではありません。セミナー内容の方向性、コンセプトとして、ご理解下さい。

申し込みフォームはこちら


■ ワークショップ会場

― 会場となる箱根ハイランドホテルについてご説明します。 

箱根ハイランドホテルは、新宿から、車で2時間ほどでいける温泉地箱根にある、小田急系列の温泉ホテルです。



部屋もさっぱりとしていて、清潔です。


   ご宿泊頂くスタンダードツインルーム

ホテルには広大な庭があり、自然と親しめます。


   箱根ハイランドホテルの庭

箱根ハイランドホテルのホームページはこちらです。

 会場までの交通

― 会場まではどのようにいけばよいですか。

もっとも簡単な方法が新宿から高速バスに乗ることです。
1850円で片道2時間ほどです。

●高速バス



ただし、本数がそれほど多くはありません。→ 時刻表
そこで、もっとも無難な方法が電車とバスで来る方法です。

●電車とバス

小田急線の箱根湯本または、JR・小田急線の小田原駅からバスが頻繁にでています。



●自家用車

自家用車でいらっしゃることももちろん可能です。ホテルの駐車場は無料であり、車があると箱根の旅は面白いかと思いますので、遠慮なく車でいらっしゃってください。



グーグルマップで箱根ハイランドホテルの場所と口コミ情報の閲覧が可能です。


大きな地図で見る


■ 日程と内容

― 日程についてお知らせします。

日程は

 2010年4月9日(金曜日) 13:00 スタートです。
 4月の11日(日曜日)の昼ごろに終了します。

1日目

12:30 受付開始
13:00 インフォメーション
      ワーク@
15:00 休憩 チェックイン
15:30 ワークA
17:30 夕食
19:30 ワークB
21:30 終了

2日目

10:00 ワークC
12:00 昼食
15:30 ワークD
17:30 夕食
19:30 ワークE
21:30 終了

3日目

 9:30 ワークF
12:00 終了

※当日のカウンセラーの判断で、内容、時間割などは変更する場合がございます。

■ 料金と定員

― 料金についてご説明します。

トラウマの再現とやりなおしワーク(劇)で自身のトラウマを扱う方を、

主役

と呼びます。
主役枠は、人数が限られており、
主役をするのかしないのかで料金が異なります。
料金はそれぞれ

 主役をする方   145000円 
 主役をしない方   125000円 
 
※宿泊費(2泊3日)・食費(5食)別途



です。

主役枠ではなくても他のワークには通常通り参加することが出来ます。
また、他の方の劇のワークを観ることも、ご自身のワークになることがあります。


― 含まれている料金について、ご説明します。

セミナー代に含まれている料金は

・ワークショップ料
です。

― 含まれていない料金について、ご説明します。

セミナー代に含まれていない料金は

・ホテルまでの交通費・・・新宿から2000円程度
・宿泊料
・食費

です。

― キャンセル代についてご説明します。

ご入金頂いた後のご返金は、当社都合による日程キャンセル等以外で、お客様都合によるキャンセルなどの場合はお受けできません。事前に日程や内容について、しっかりと理解頂いたうえでの、お申込みをおねがいします。

申し込みフォームはこちら

■ 注意事項 ※必ずお読みください。

― セミナーを受けるにあたっての注意事項について、ご説明します。

1.守秘義務

参加者の安全性を確保するために、参加される方は守秘義務を負っていただいております。参加されている方のお名前や、個人情報、また、トラウマについての情報は、ワークショップ内だけのものとし、持ち帰って、日記やブログに書いたり、人に話したりなさらないでください。

しかし、自分ご自身の事については構いません

2.途中参加・途中退出不可

ワークショップは原則として、途中参加、途中退出を不可とさせていただいています。

3.自分のケア

病院やかかりつけのお医者さんがいらっしゃる方は、本ワークショップに参加することについて、必ず主治医の許可をとってください。セミナー中も、自分自身のケアは、ご自身で責任をもって行うこと参加条件とさせて頂きます。

また、セミナー後も専門家やカウンセラーのフォローを受け、自分の世話をするようにしてください。

4.トラウマ後遺症からの回復に真剣であること

本ワークショップに、興味本位で参加されることをお断ります。しかし、すでに心理専門家の方、または将来専門家になりたいお気持ちがある方などで、ご自身のトラウマに向き合っておきたいと考えられる方の参加は歓迎いたします


5.テキストをご自身でご用意ください。

テキストとして、以下の書籍を購入、持参のうえ、ご参加ください。

アダルトチルドレン 癒しのワークブック
 または アダルトチルドレン 癒しと回復のセルフスタディキット

今日1日のアファメーション―自分を愛する365日
 または 心の傷を癒すカウンセリング366日


6.本セミナーの主催と責任

このワークショップの講師は、認定リプロセス・カウンセラーとして、西尾和美氏より個人的にコンサルテーションを受けますが、このワークショップに関する一切の責任は西尾和美氏にかからないこと、また、本ワークショップに、西尾和美氏本人の参加はないことについて、ご了承ください。


■ お申し込み方法

― お申し込み方法についてご説明します。

お申し込みは、まず、本ページの注意事項をよくご理解いただいたうえで、ページ末にある申し込みフォームから、申し込みをしてください。

お申込みいただいた後、内容を拝見し、簡単な審査をさせて頂き(同意事項やセミナーへのご理解)、参加を承認させて頂いた場合には、振り込み先を明示したご案内メールをお送りします。

お申込み内容を拝見し、ご理解が不十分であったり、内容を誤解されていたり、同意事項への同意がなされていない場合には、その旨をお伝えし、再度、ご希望であれば再度、お申込み頂く形となります。

申し込みフォームはこちら



■ 体験者の声 主人と父の間にも、しっかりと線が引くこともできました。
   羽石 洋子様より

羽石 洋子様の
リプロセスリトリートを受けたご感想

リプロセスワークを受ける前の私は、怒りの爆発を、多く持っていました。特に、主人に対して、多くの怒りをぶつけてきてしまいました。

私は、父から性的アピューズを、受けました。このことは、一生、自分の中だけで終わらそせようと思っていたことでした。

ワークでは、ただ、ただ、「怒りたい」気持ちで、いっぱいでした。父、母、兄、姉の4人の原家族に対して、怒りをぶつけました。しかし、その中で、父に対しての怒りが、自分でも驚くほどの怒りをぶつけていました。ワークをはじめる前までは、思ってもみなかった、性的アピューズを受けたこと対してでした。

ものすごい勢いで怒りを吐き出している自分がいました。リプロセスワークを受けて、初めて、父から受けたことに対して、一番、怒りたかった自分に、気がつきました。

そのことで、主人に対して怒りの爆発をぶつけてきてしまったことにも、しっかりと目がいきました。
大きなワークを、体感、体験することができました。

私の力を信じてくださり、しっかりと受けとめ、サポートしてくださった先生、役を引き受けてくださった4人のみなさん、周りで見守ってくださった参加者のみなさん、みなさんの力と安全、安心に守られ、支えていただいて私は大きなトラウマの怒りを出すことができました。本当にありがとうございました。

ワークを受けたあとの私の中では、あたたかいものを、こころに感じています。

今まで、周りの人と、距離をとってしまう自分の問題もありました。自分から、とげを出して、周りの人を寄せ付けないようにしてしまっていたり、自分は汚れている、きたないなど、みんなと自分が違う感覚を、ずっともってきました。

しかし、今回のワークで大きなトラウマをのりこえ、ひみつを出せたこと、そして、かわらずに接してくださったワークの皆さんから、自分が汚れているとかたくなに思っていた心が、だんだんと、解けてきているのを感じています。周りの人に対しても、今までとは違い、自分がまるくなっている感じが、とてもしています。

また、主人と父の間にも、しっかりと線が引くこともできました。色々なところで、自分の変化を感じ、楽になっていく私がいます。まだまだ、多くの変化が私を待っていると思います。これからも、大切にしていきたいと思います。(羽石 洋子様より)

申し込みフォームはこちら

■ 体験者の声 自分をせめなくなりました。それで自分が楽になってきました。
   R・K様

R・K様の
リプロセスリトリートを受けたご感想




【リプロセスワークを知ったきっかけ】
知人から西尾先生の事を聞き、インターネットで「アダルトチルドレン 癒しのワークブック」という本を見つけ通販で買い、その本の中にリプロセスワークの事がのっていて知りました。

【参加する前に不安だったこと】
実際にやるくわしい内容を知らないので、どんな風に、どんな感じでやるのかわからなかったので、何をするのか不安でした。あと、扱いたいトラウマをうまく決められなく、その場に行って、うまくワークをできるのか不安に思いました。

【参加した決めてとなったこと】
効果が高いと聞いていたので、早くしっかりと自分を癒したかったから。ワークブックなどで、自宅で自分でやるには、実際のワークを体験してみないとできそうにないと思ったからです。

【参加してみて、どのような体験でしたか】
トラウマの場面を再現して、それまで言えなかったことや、行っても受け止めてもらえなかったことを思い切り言えました。その後、再構築の場面では、親からもらえなかった謝罪の言葉をもらったり、やりたくてもできなかったことなどをやったりできて、とても感動的でした。自分意外の参加者の方のワークをみたり、協力することで、自分にも気づきがあったり、なかなか出せない感情を感じたりすることもできました。

【参加した後に変化はありましたか】
それまで自分を責めていたことがあったけど、自分のせいじゃないと思えるようになって、自分をせめなくなりました。それで自分が楽になってきました。(R・K様より)

申し込みフォームはこちら

■ 体験者の声 相手をよく見られるようになった。
   R・M様より

R・M様の
リプロセスリトリートを受けたご感想




【リプロセスワークを知ったきっかけ】
阿部さんのところで、カウンセリングを受けていたので、セラピストから案内があった。

【参加する前に不安だったこと】
自分のトラウマは本当は何か、自分でもつかめていなかったので、漠然とした感じがあり、なんだか不安だった。トラウマが出てきてくれれば、今後のケアも分るからと思ってた。

【参加した決めてとなったこと】
自分と真に向き合おうと思い、自分治しの方法を知ったから。

【参加してみて、どのような体験でしたか】
未知の世界に入り込んだような感じでしだった。多数の人が良くなりたいと真剣に取り組んでいるのが、また、後押しをしてくれたような気がした。心を正しい方向にむけてやることによって、人生も変わっていくのはすごいことだと思う。

【参加した後に変化はありましたか】
自分という人間をみつめられ、少しづつでも、上がったり下がったりしながら、学びもまた、違う角度で見つめ、落ち着いた気持ちで対処できるようにはなったかも・・・。(まだ通過中)対人関係も相手をよく見られるようになった。(R・M様より)


申し込みフォームはこちら

■ 特別商取引法表記

商材販売元 OZ8株式会社
担当責任者 岡崎 よしあき
住所 東京都千代田区鍛冶町2丁目10-10 秋山ビル7F ウインズスペース内 OZ8株式会社
業務内容 教材出版
電話番号 0422-72-8178(平日9時〜15時)
お電話でのお問い合わせはお受けしておりません。メールにてお願いします。
 
電子メール info アットマーク ozmagic.org
お支払方法 銀行振込
商品代金以外の必要金額 別途「料金」の欄で記載
返品、返金について 一度ご購入・申し込みされたものについてはご返金出来ません、ご了承下さい。
資格 免許が必要な商品は販売しておりません。
商品の引渡し時期について セミナーにつき、当日となります。
商品の引渡し方法 セミナー会場にてご参加頂きます。
プライバシーポリシー 当サイトではお客様の個人情報については、厳正に管理しておりますのでご安心下さい。また、個人情報は法律によって請求された場合、または当サイトの財産や権利を保護する場合のみ第三者に提供する場合がございます。あらかじめご了承願います。 

■ 追伸 主催者 OZ8株式会社代表 岡崎よしあきより

― このセミナーを迷われている方へ、岡崎よしあきよりお伝えしたいこと。

こんにちは、
主催のOZ8株式会社代表岡崎よしあきです。
ACについて、私自身の体験をシェアさせて頂きます。

私もアダルトチルドレンであり、西尾先生や、阿部先生の
リプロセスリトリートに参加したり、斎藤クリニックのデイケアや
自助グループに、当事者として参加して参りました。

そのなかで、もっとも強い欲求があり、
なおかつ、それができる場がなかなかみつからなかったのが
「感情を解放する場」です。

親を責めても解決しないと、分っていましたが
理屈ではなく、感情として、怒りや悲しみが私の中にはありました。

そして、その感情をどうしていいかわからない期間がながかったです。

カウンセラーに話をきいてもらっても、
自助グループで言いっぱなし聞きっぱなしミーティングで話しても
解放されないままでいるわだかまりがずっと胸の中にありました。

しかし、西尾先生や阿部先生のリプロセスリトリートに参加し、
再現する劇で主役をすると、そうした処理できないでいた感情を
外に出すことができました。


そして、自分はこんなことを思っていたのか、感じていたのかと
驚きました。

それらの感情は、私が予想していたものとは違うものでした。
怒りだと思っていたものが、悲しみや寂しさに基づくものであったり、
今までずっと寂しくてしょうがなかったんだと気づく機会でした。

それから、癒しのプロセスがゆっくりと始まっていきました。

こんな体験ができる場を、私は今のところ、他に知りません。

たくさんのセミナーやワークショップや治療を受けてきましたが、
根本的に、心のトラウマや、それに伴う感情を、安心できる場で
外に出せる機会というのは、本当に少ないです。

それぐらい、私にとっては貴重な場です。

今回のセミナーは、弊社主催初めてということもあり、
阿部先生にご協力頂いて、価格を抑えめにしてあります。

当事者の人の輪の中で、ご自身を受け止め癒す機会として
この機会を使っていただけたら幸いです。(岡崎よしあき)

申し込みフォームはこちら

■追伸 トレーナー 阿部ゆかり先生より

― このセミナーを迷われている方へ、トレーナー阿部ゆかり先生よりお伝えしたいこと。

リプロセスカウンセラーとして
今回ワークショップを担当させて頂く、阿部ゆかりです。

私自身小さい頃から漠然とした自殺願望があり、
学校では度重なるイジメ体験
恋愛をしても、友人を持っていても、結婚をしても
うまくいかず、我慢をしては爆発し、
人間関係や生きる事そのものが
形のない不安と悲しみで一杯でした。

自身の問題がアダルトチルドレンという
概念に当てはめてみると
納得の行くことが多かったのです。

育った家族が機能不全であったことに認識が向き、
色々な頭の霧が晴れたのを覚えています。

西尾先生や斎藤先生の著書を読みあさり、
ワークショップなどに出て
数人の専門家からの個人カウンセリングも
併用してきて12年が経ちます。

今専門家として仕事をさせて頂く中で、
振り返ると見えてくるものがたくさんあります。

私が最初に西尾先生の
リプロセス・リトリートワークショップに参加して
自身のトラウマに気づき、主役で扱えた事は
人生にとって大きな分岐点になったと思います。

自分自身ではあれだけの気づきや感情が
出ることは無かったと思います。

何故ならそれだけトラウマからの影響が深く、
感情麻痺という技を使って無意識に生き残ってきているのですから

その解除は一人では難しかったと思います。

専門家にサポートを得られ安全性が守られた空間だったのと
リプロセスワーク全体が非常にパワフルで、
私自身をトラウマから逃げずに向き合う力をもらえたと思っています。

トラウマの癒しは専門家にしてもらうというものではありません。

専門的なスキルはもちろんありますが
癒しは自分で責任を持って行っていくものなのです。

その事を西尾先生に教えて頂いて最初はピンと来なかったのですが
今はその意味が分かります。

トラウマを受けたのは自分のせいではない。

でも
トラウマの後遺症に身を置いたままにするか
回復や成長に向き合って取り組んでみるか
この選択の責任は自分にあります。

過去は変えられない
でも、未来は変えられる可能性がある

過去の私は本当にひどいものでした。

夫に対しても怒りと、
いちゃもんと見捨てられ不安とで一杯でした。

癒しをし始めると少しづつ少しづつ
回復と成長があります。

私が夫にいちゃもんを付けなくなった事や
死に場所を探しに行かなくなったことが
その証拠の一つだと思います。

今、私の元で多くの方がカウンセリングやリプロセスワークで
自分自身のトラウマから逃げずに向き合っています。

感情の爆発の回数が減りだし、
笑顔が増えたり、
周りの家族にまで良い影響が起こったり、
自分を許せるようになったり、
依存症が沈静化したりなどなど。

それぞれの方がそれぞれの形で、
成長する姿や回復していく姿を見せて頂いています。

もし今、この記事を読んでいる方で
過去の私の様になんだか分からないけど爆発しやすいとか
何らかの生きにくさを抱えていらっしゃる方が
いらっしゃるのであれば、
トラウマの癒しのスタートラインに立ちませんか?と
お伝えしたいです。

12年前の私の様に。
まずは箱根でお会いできるのを楽しみにしています。(阿部ゆかり)

申し込みフォームはこちら

セミナー概要

― セミナーの概要をご確認します。

■ 西尾和美氏認定カウンセラー 阿部ゆかり先生の
  アダルトチルドレンワークショップ リプロセスリトリート in 箱根

日程:2010年4月9日(金曜日) 13:00 スタート
    2010年4月11日(日曜日) 12:00 クローズ

場所:小田急箱根ハイランドホテル
    (神奈川県足柄下郡箱根町)

事務局:オズエイト 岡崎よしあき
アシスタント:CSPP大学院生 堀本秀子
アシスタント:医師・臨床心理士 白戸和加
ビデオ撮影:FCCN総括マネージャー・認定心理士 石山砂緒里
認定カウンセラー:FCCNカウンセリングセンター代表 臨床心理学修士 阿部ゆかり

内容:西尾式 アダルトチルドレン 
    癒しと回復の為のワークショップ
    リプロセスリトリート

料金:
 主役をする方   145000円 
 
主役をしない方   125000円 
 
※宿泊費(2泊3日)・食費(5食)別途

※申し込み締切 3月31日
※ご入金後のキャンセルは不可


料金に含まれるもの:ワークショップ料
料金に含まれないもの:宿泊費(二人部屋)・食事(5食)、交通費

お申し込み締め切り:早割は2010年2月19日、全体申し込み締め切りは2010年3月25日
ご入金締め切り:お申込みいただいてから1週間以内にお申し込み下さい。

■ 申し込みフォーム

― 以下のフォームからお申込み下さい。

 申し込みフォームはこちらです!

ファックスでも申し込みが可能です。

→ ファックス用紙ダウンロード
印刷してご記入の上、020-4667-8363 までファックスをしてください。、

定員:22名(→残席6名

 お申込み頂いた情報をもとに簡単な審査をさせて頂き、その上でご入金のご案内を
 メールさせて頂きます。

 携帯電話のアイモード等からお申込みの場合は、
 右のQRコードをスキャンしてください。 



 当日、お会いできることを楽しみにしています。



※主催・ホームページ制作 OZ8株式会社 info@ozmagic.org