アフィリエイターに効果的に売ってもらう販売方法とは?     


画像の説明

18ヶ月の売り上げ金額 179,716,435円(1億7971万6435円)、売り上げ利益 100,352,712円(1億35万2712円)を自宅で一人で売り上げた情報商材「ブログアフィリエイトで日給8万円」はいかに作られ、売られたのか。一言で言うなら、「アフィリエイターとして、売りたかったマニュアルを作った」ということにつきます。どういう情報商材をアフィリエイターはアフィリエイトしたいと思っているのか、その情報商材を作るにはどういう手順を踏めばいいのか、そして、実際に億単位の売り上げをあげてしまうと、どのような問題が降りかかってくるのか。体験した当事者自らが、お伝えします。

→今すぐ教材を買いたい方はこちら

ノウハウ実践者、松原智彦さんがあげた成果
1027万7800円の売り上げ

画像の説明

画像の説明

追体験型の構成になっている

本セミナーの内容は岡崎さんの体験を時系列事にまとめてあったので情報商材を作成し販売するまでの流れがイメージしやすかったです。

また、自身の実績を元に商材を作成するという方法なので内容に無理が無く、よくあるタイアップ型の商材作成ノウハウよりも私にとっては現実的でした。

お陰様で私自身、まさに本セミナーの流れ通りに起業し販売も予定通り、好調に進んでいます。

アフィリエイターならではの視点

多くの情報販売者が苦手とする、アフィリエイターさんに上手く動いて頂くための方法は実際にアフィリエイトで稼いで来た岡崎さんならではのノウハウだと感じました。

アフィリエイターさんが喜ぶ条件、紹介しやすい環境を整えてあげる事により自分の力だけではアプローチ出来ない見込み客を集めてもらえるという点でアフィリエイター対策は非常に重要だと思います。

その具体的な方法が公に語られているのは私が知る限りこのセミナーだけでした。

売った後の事が書かれている

通常の情報起業ノウハウというのは、商材を作成し、売る所までしか説明の無い多いようですが、本セミナーでは稼いだ後の事に触れられているのが非常に参考になりました。

ネット起業を元に実社会でのビジネスへの展開や税金面などの話しについては売る前に聞けた事は貴重だと思いましたし、私はここで聞けた情報を元に、法人化を先延ばしにする事を決めました。

また、バックエンド販売についても参考になりました。

簡単に稼げるイメージがある情報販売ですが仕組みを作っておく事の重要性が予め聞ける機会は少ないと思います。

なぜ複数商品を用意する必要があるのか、どういう商品を用意すれば良いのかが分かっていれば販売後にバタつく事がないと思います。

私はこの点を甘く見ていたせいで現在バタついています。商品の販売前にもう一度セミナーDVDを良く見直せば良かったと反省しています。

このセミナーで得たノウハウを使って得られた成果

私は昨年の11月に自身の商品を販売開始しましたが
本セミナーの内容を参考にしたおかげで販売開始たったの数ヶ月で売上げ1000万円を突破しました。

画像の説明

支払いアフィリエイト報酬を見て頂ければわかりますが当商品は現在アフィリエイター経由での売上げが非常に多くこの点は本セミナーのノウハウが非常に役に立った点です。

また、当商品にはサポート用のフォーラムを用意しているのですが本セミナーのノウハウをアレンジして運用する事により非常に質が高く、活発な運営を継続出来ている事も成果の1つだと思います。(松原智彦)

ノウハウ実践者、辻智明さんがあげた成果
1857万8400円の売り上げ

画像の説明
辻智明さん

画像の説明

「ビジネス系の情報商材は持続して売れにくい。」

これは以前からいろんな人に言われていることですし、僕自身もそう思い込んでいるところがありました。

しかし、おずさんのセミナーを受けて、そこで学びとった事を実践した結果・・・

画像の説明

このように、売上ランキングに上がってくるような流れを構築する事ができました。それも一度ではありません。何度もです。

僕はこのセミナーに参加した時点で自分自身の商品を持っていましたが、「これから情報起業をしたい」と言う人にとってもこのセミナーからは得るものがたくさんあります。

特に、おずさんがこのセミナーで提唱していた情報商材の作り方は、やろうと思えば誰にでも出来るもので、

「今の自分にはネタになるもの、実績が何もない」
「他人とパートナー提携するのは自信がない」

というような理由から情報起業を断念しているのであればこのセミナーで語られている方法を選択すると言うのも一つの手です。

「後はやるだけ」

そんな気持ちにさせてくれるセミナーでした。おずさん、本当にありがとうございました。(辻智明)

画像の説明

ノウハウ実践者 寺尾恵介さんの成果
Amazonでのトップセラーランクイン
高評価レビュー多数

画像の説明

画像の説明

岡崎さん

セミナーに参加させていただき、ありがとうございました。
会場に着いてまずびっくりしたのは、セミナー資料の厚さでした(笑)

ぼくは不動産投資関連の情報販売、会員制組織の運営をしていますが、セミナーの中盤で惜しげもなく披露していただいた「売り方」を大いに活用し、売上を伸ばすことができました

岡崎さんのセミナーで数回にわたって強調されている「結晶化」という言葉が、強く印象に残りました。

結晶化というのは、伝えたいことを究極的に分かりやすく凝縮させ、短い文章にすることですが、早速ブログとメルマガでこのノウハウを活用し、成果を出しています。

それから、昨年の12月に書籍を出版しました。

満室チームで大成功!全国どこでもアパート経営
画像の説明  

画像の説明

この本は、今でも順調に売れ続けていますが、amazonのページをご覧いただくと分かるように、読まれた方からも高いレビュー評価を頂いてます。

ちょうど、この本の原稿を書いているときに、岡崎さんのセミナーに参加したので、本の中でも「結晶化」として凝縮されている文章を随所で採り入れています。その結果、自分でも驚くほどの分かりやすい本が完成しました

Amazonでのは最高で総合ランキング6位という、マイナーな不動産投資関連書籍では難しい順位を獲得できました。岡崎さんのセミナーは、情報起業はもちろんですが「何かを伝える」こと全般に活用できるものであり、ぜひご覧いただきたいと思います。

画像の説明

こんにちは、岡崎よしあきです。

こんにちは、岡崎です。

画像の説明

かつて、小学校教師であり
今はインターネットで教材販売を
自宅で一人で行っています。

18ヶ月の売り上げ明細記録

以下は私が販売したマニュアル教材の18ヶ月の売り上げ明細記録です。

画像の説明
※画像をクリックすると売り上げ明細が拡大表示されます。

18ヶ月の
売り上げ金額 179,716,435円(1億7971万6435円)
売り上げ利益 100,352,712円(1億35万2712円)

これは紛れも無く、私が体験した現実です。

高校中退、家出、アルバイト。



私は、かつて、高校を中退ました。



中退して、家出をし、
アルバイトなどを転々として、
なんとか生きてきました。



完全に収入がなかった年が
2年間ぐらいあり、
借金をして、食いつないでいた時もあります。

どん底と呼ばれるものなのでしょうが、
私は当時、大して苦しいとも思っておらず、
むしろ今日食べれるご飯があることを
嬉しい、ありがたいと思うことすらありました。



私が26歳のころ、
インターネットでお金が稼げたら
旅をしながら、どこにいても生きていけると思い
パソコンをなんとなく眺めていました。



ヤフオクをみていれば、
ネットで稼げる方法がそのうち見つかるのではないかという
実に安易な発想で、しかし、見つかるわけもなく
3ヶ月ぐらいで蓄えも底をつく、
クレジットカードのリボルビング枠で生活をしていました。

そのなかで、とある情報商材に出会い、
リボルビング枠で使える最後のお金で1週間迷った挙句に
その商材を買いました。



その商材に書かれていた内容ではじめて
「アフィリエイト」というものを知りました。



商材に書かれていたアクセスアップの方法を試したら
実際にアクセスが集まり、商材が売れて報酬を得ることができました。
それは今までの働いていた給料の3倍ぐらいの月収で、
実践翌月から成果があがり、なんとか、私は生き延びることができました。


報酬が下がり続ける


報酬はあがったのですが、
その後、少しづつ下がっていき、
いよいよ生活できるかわからないぎりぎりラインまで
報酬が落ち込みました。

報酬はあるにはあるのですが
なだらかに落ちて行くわけです。


今月はまだ生活ができるが、いつ報酬がなくなるだろう。
そういう不安はたまらないものがありました。


たとえほんの少しでも上向きなら
まだ、気分は楽なのですが、
少しでも下向きなら、いずれは報酬はゼロになることが
目に見えているわけです。


その恐ろしさといったらありませんでした。

私はどうしたものかと思い悩み、
そのとき募集のあった30万円のアフィリエイトの塾に
入塾することとしました。

継続して稼ぐことはできませんでした


その塾でもらったツール。
教えてもらった内容で、部分的に稼げることはありましたが
継続して稼ぐことはできませんでした。


しかし、その塾で知り合った人に教えてもらった内容で
アフィリエイトをしたら、月100万円以上の収入を
得ることができるようになりました。


この方法はすごいと思い、独自の方法も加えて
更に工夫をしたところ、月収500万円ぐらいまで
報酬を伸ばすことができました。

私のもとには次々と講演依頼があり、
雑誌やテレビの取材依頼などもありました。

そのなかには大手のテレビのニュースチャンネルの取材依頼もありましたが
私は、あまり有名になりたいとは思わなかったので、
申し出をお断りさせて頂きました。


一方で、私はその方法をマニュアル化して販売することを決めました。

制作期間6ヶ月。


マニュアルの制作は困難を極めました。
作っては消して、作っては消して。
なれないことばかり。


しかし、もともと、何かを作り出すことが好きな私にとって
マニュアル制作作業は、決して嫌なものではありませんでした。


喫茶店で、ノートパソコンのバッテリーが持つ限り、
作業をする日々。
まるで、自分は漫画家か、小説家にでもなったような気分で
喫茶店の人にもどうも小説家と思われていたようでした。


しかし、やがて私は不安になっていきました。
修正をいくらしても、必ず、次の修正点がでてきてしまい、
いつまでたっても完成しないのです。


気づいたら、制作開始から6ヶ月たっていました。
「このままでは、いつまでたっても発売開始ができない」


私は途方に暮れました。



そんなとき、あることを、ふとお風呂に入っていたときに
思いつきました。そのあることをきっかけにやっと販売を
開始することができました。

10日間で3600万円の売り上げ。


この教材は、
発売開始して、10日間で3600万円ぐらい
売り上げました。


驚きました。
見たこともないような金額が翌月の
私の銀行口座には振り込まれていました。


その翌月も、3700万円ぐらい売れました。


その1年前は、このままでは生きていけないのではないかと
思い始めていた私が、まるで宝くじで当たったかのような
金額を手にしていたのですから。

しかし、私は別にそれについて、驚きというのは実はあまり
ありませんでした。金額は予想以上でしたが、しかし、
間違いなく売れるというのは、売る前から分かっていました。


なぜなら、私はアフィリエイターとして、商材をたくさん売っているなかで
どういう商材なら売れやすいかが、感覚的に分かっていたからです。

月報酬500万円というのは、商材自体の売り上げで言えば、
だいたい、2500万円ぐらいの売り上げになります。(当時)


当時、メルマガという媒体だけで2500万円も月に売り上げる人は
他に知りませんでした。


その私が、「こういう教材があったら、アフィリエイトしやすいな、
誰か作ってくれないかな」とずっと思っていて、誰も作らなかったので
めんどうくさいけど、仕方無く作った教材が、
『ブログアフィリエイトで日給8万円』という教材だったからです。

「売れている理由」に誰も気づけない


案の定、『ブログアフィリエイトで日給8万円』は売れに売れました。
通常、教材は売った直後がピークで、そのあとはぱったりと
売れなくなるのが常なのですが、この教材はその後も売れ続け、
今現在の累計では約2億円近く売れております。


今もなお売れている商材であり、
このような商材が他に見当たらないことから、
「売れている理由」を知るために、この教材を買う人もでてくる
くらいでした。


しかし、多くの方が同様の商材を作るなか、一時的には売れるものの
ほぼ例外はないと言っていいぐらい、時間とともに、消えていきました。

そのたびに、私はかつて、このマニュアルを作る前に
「誰かこういうの作ってくれないかな」と思っていた時のような
もどかしさを感じました。

なんで、こんなに簡単なことが分からないのだろう。
「あること」に注意すれば、誰でもできることなのに。
そこで、私は「売れている理由」をまとめた教材を作ることとしました。

その教材の内容とは以下の通りです。

<第一部> 情報商材の作り方 

・岡崎がアフィリエイトしたいと思える情報商材の条件
・売れる=求められる情報商材の要素
・6ヶ月かけて作った『ブログアフィリエイトで日給8万円』の制作手順
・誰でもできる動画マニュアルの作り方
・岡崎が考える分かりやすいマニュアルの構成要件

画像の説明

第一部:「情報商材の作り方」を見ることによって、あなたが分かること

>>
岡崎よしあきがインターネットで稼ぐにあたって、まず最初にしたこととは?
教師を辞職し、ヤフオクでつらつらと検索結果を眺める日々。貯金が底を尽き、クレジットカードのリボルビング枠も使い切ってしまった。借金して生活。しかし、働きたくない。時間の切り売りをしていきたくない。追い詰められた岡崎が、窮地を乗り越えるにあたってしたあることとは?
>>
実績0で情報商材アフィリエイト初月50万円。どうやって?
実績が0で、ブログすら初めてだった岡崎が、ある情報商材を買って、そこに書かれた方法を使ったらある成果がえられた。しかし、その成果は直接は収入に結びつかない。そこで岡崎は思いついた。この成果を使って「あること」をすれば、収入になる。結果として、翌月、岡崎は50万円を握り締めることになる。
>>
アフィリエイト報酬が低迷。月10万円前後の報酬が、突然10倍の月100万円になった方法とは?
とある1月。私は一時期、アフィリエイト報酬が月50万円を超えていたにもかかわらず、少しづつ報酬が減っていき、ついに月10万円まで下がってしまいました。まずい・・・このままでは生活できなくなる・・・そんなとき、ある場所で、ある人から、ある話を聞きます。・・・この方法・・・これならいける!そう思い、あることを実践した結果、初月20万円、翌月100万円になります。一体、誰から、どんな話を聞いたのか?
>>
月収356万円、日給8万円を超えた月に始めた次の準備とは?
それから3ヵ月後、アフィリエイト報酬は月356万、日給8万円を超えてしまいました。実績もつき、そろそろ、このノウハウをマニュアル化しようと思ったのですが、すぐにはできず、挫折を何度も繰り返しました。そのとき、私はマニュアルを作るために、ある会に入ります。その会で、マニュアル作りの大きなヒントを得ることになります。私が衝撃を受けたその会とは?そして、そこで見たその後のマニュアル作りのキモとなったあるモノとは?
>>
分かりやすいマニュアルを作るにあたって、作る前にやっておくと制作がスムースになるあることとは?
私はマニュアルを作るまえに、2回ほど、「あること」をしています。これは意図して行ったものではなく、きっかけがあって、仕方がなくやったことなのですが、結果として、これをしたことが、マニュアル作りの大きな準備となりました。私はこれをしていなかったら、おそらくここまで売れるマニュアルは作れなかったと思います。そして、きっと、これをすれば、誰もがわかりやすく、長期的に売れ続けるマニュアルが作れるだろうと確信しています。そのあることとは?
>>
マニュアルが完成しても売り始めることが出来なかった。しかし、ある「約束」をすることでやっと売り始めることができた。その約束とは?
マニュアルが完成しても1ヶ月もの間、売り始めることができませんでした。完璧に近づけるのですが、どんなに作りこんでも、まだ治したいところ、追加したいところがでてきてしまうのです。私は途方にくれました。・・・このままでは永久にこのマニュアルを発売できない・・・しかし、そんななかで、私はあることを思いついたのです。完璧ではなくても売れる方法。完璧な状態ではなくても、この方法で売れば、お客さんはむしろ、完璧でないことを喜んでくれて、買ってくれるのです。そして、売り始めてみると・・・わずか10日間の間にあがった売り上げは3629万3400円・・・見たこともないお金が翌月の私の銀行口座には振り込まれていたのです。その売り上げをあげるきっかけとなったある「約束」とは?
>>
インターネットで分かる「売れる教材」「売れない教材」の見分け方とは?
売る力さえあれば、どんな教材でも売れるかというと答えはNOです。そんな力は誰ももっていません。インターネットであろうがなかろうが、売れるものとは、それを求める人、お金を払っても、その払った金額以上の価値を感じる人が一定数以上いないと売れるわけがありません。実績があれば売れるというものではないということです。では、どうやったら、求められているかどうかが分かるのか。ひとつはアドワーズのキーワードツール。いまのところ、このツールが示す数字が最も正確で参考になります。需要が調べたいのであれば、今すぐ「キーワードツール」と検索し、トップのページで、キーワードを入力してください。月にそのキーワードが何回検索されているかが表示され、それがイコール需要となります。これはひとつのノウハウです。この方法で、誰もが無料で、今すぐ需要を調べられます。しかし、月間検索数だけでは不十分です。盆栽というキーワードが、月数万検索されていたとして、そのキーワードが「盆栽そのものを買いたい」のか「盆栽の育て方が知りたい」のか、分かりますか?実は分かる方法があるのです。そして、そうした「細かな需要」「キーワードに隠された感情」をしっかりと理解しないと、「需要ズレ」を起こし、検索されているのに売れないということが起きます。どうやったら、そういう「細かな需要」を調べることができるのか。私の体験をもとにお伝えします。
>>
ノウハウ教材の販売を前提として、0から実績を作る中で、必ずしておかなければならないあることとは?
私の場合は、いずれ、自分の実績とそこに至る方法をノウハウ教材として販売することを実績ができる前の0の時点で、既に念頭においていました。そして、実績を作りながら「あること」をし続けていました。これは、0から、実績を作る中でしかできないことであり、実績ができてしまってから準備することは、実は手遅れになることがあり、場合によっては取り返しがつかない、ということになります。逆にこの「あること」を実績を作る中でしていくことができれば、実績ができあがった時点で、既に「売れる材料」が整っているということになり、できあがったノウハウ教材は案外、簡単に売れてしまうということがおきます。そのある事とは?

<第二部> 情報商材の売り方

・『ブログアフィリエイトで日給8万円』の値上げの際に起きたこと
・メルマガ読者が増え続ける仕組みの作り方
・岡崎が行っているアフィリエイターのエコヒイキ
・悪質なアフィリエイターを排除する方法

画像の説明

第二部:「情報商材の売り方」を見ることによって、
あなたが分かること

>>
なぜマニュアルを買ったの?6000人が買った理由、売れた理由。
マニュアルを買った人に半年間かけてアンケートをとった結果、レターの良さと言った人は0でした。最も多かったのは以外にも○○○○○という結果に。インターネットでどうすればものが売れるのか。どうしたらものは売れないのか。その調査結果をもとに、岡崎がインターネット上に仕掛けたしかけとは?
>>
100万円以上稼いでいるアフィリエイターに直接インタビュー。どんな情報商材をアフィリエイトしたいですか?
セミナー内で、100万円以上稼いでいるアフィリエイターに直接、質問をぶつけてみました。「ずばり、どんな情報商材なら、アフィリエイトしたいと思いますか。」4人に質問をしたところ、4人ともほとんど、同じ答えが。「なんだ、こんな部分をみていたのか」と多くの人は、拍子抜けしてしまうかもしれません。そうです。そんな簡単なところをアフィリエイターは見ていたのです。このポイントを押させれば、アフィリエイターがほっておいても売ってくれます。
>>
悪質なアフィリエイターの除外方法とは?
アフィリエイターに手伝ってもらうと、多くの売り上げがあげられる一方で、悪質なアフィリエイターというのも存在します。悪質なアフィリエイターとは、掲示板で、アフィリエイトリンクをはりまくったり、承諾を得ていないアドレスにアフィリエイトリンクを送りまくったりする人のことです。アフィリエイトリンクをクリックすれば、販売者のページにいきますから、アフィリエイターの迷惑行為は、販売者の迷惑行為と、受ける側は思ってしまいます。これに対して、販売者はなにもすることはできないのでしょうか。いいえ、実はあります。簡単に悪質なアフィリエイターを排除する方法が。この方法を知らないでアフィリエイターに売ってもらうことはあまりにも危険です。
>>
アフィリエイターが離れて行くわけとは?
販売者は知らず知らずのうちに、アフィリエイターの権利を侵害してしまっていることがあります。あまりに簡単なことなのですが、多くの販売者が、侵してしまっていることです。これをすればするほど、アフィリエイターはあなたから離れて行くでしょう。それも、ひとことも何も言わずに去っていきます。いつのまにか、あなたの商材を誰もアフィリエイトしなくなり、商材は売れなくなります。たった、このひとつの「アフィリエイターが嫌がる行為」を知らなかったが故に。逆にあることを大事にケアすると、アフィリエイターさんは、長い間、あなたの商材を売り続けてくれます。
>>
メルマガの読者を全くの0から2年で10万にした方法とは?
メルマガの読者の増やし方はひとつではありません。複数あって、ひとつづつやらなければいけないものでもありません。同時に複数やってもいいわけです。岡崎は、メルマガの読者を増やす為に、約1000万円の投資をしてきました。その中で効果のあったものとなかったものがあります。また、効果がないどころか、それをやればメルマガの発行を中断せざるを得なかったことすらあります。この教材を見る人がうらやましいです。岡崎が七転八倒して、多くのお金を使い、時に無駄な時間と労力を使って試行錯誤したなかで、良かったことだけ、効果のあるものだけを知ることができるのですから。
>>
失敗しようのない広告の使い方とは?
広告もまた、岡崎は多くの投資を行い、検証してきました。そのなかで分かったことは「この広告は間違いない」というものであっても、時期によって効果やコスト、費用対効果が異なってくるということです。ではどうしたらいいのか。それはまずは小額で試すということ。そして、試しながら検証をするということ。検証ができなければ、試すことの意味はありません。検証結果が分からないのであれば、小額で試した後に、効果ありと判断して、大きな額の投資を行い、リターンを得るということも、起きないわけです。逆に検証がきちんとできれば、効果のある広告だけに広告費を投資して、利益を無限に増やすことが可能です。どのように広告効果を検証するのか。その具体的ツールをお知らせします。
>>
良いレビュー、感想、実績、成果報告、お客様の声の集め方
良い感想、成果報告、お客様の声はほったらかしでは集まりません。良いレビューを集めるには、良いレビューが集まる仕組みを、最初に作っておかなくては、絶対に集まらないんです。私のマニュアルのレビュー数はとあるサイトでダントツ1位であり、良い評価のものが多いです。これはなぜなのか。どうすれば、こうなるのか。私が購入者やアフィリエイターに出したメールをそのままお見せします
>>
クレームがでようがない販売の仕方とは?
クレームがでるというのは、ものを売れば必ずあるものなのか、しょうがないのかといえば、決してそうではありません。クレームを未然に防ぐということが可能です。それもインフォトップの商品登録画面の中の備考欄に「あること」を入力しさえすれば、クレームはそれだけでほぼゼロになってしまいます。事実、私があることをはじめてから、クレームが来たことがありません。精神衛生上、非常に心地よいです。クレームがきやしないかといつまでびくびくしていますか?クレームが怖くて、発売すらできないとしたら、このことを知るだけでも、価値があります。

<第三部> 情報商材が売れた後

・『ブログアフィリエイトで日給8万円』が売れた後に起きたこと
・岡崎が成功した節税 失敗した節税
・岡崎が成功した投資 失敗した投資
・自宅の住所を晒さずに合法的にネット販売をする方法
・サポートのメリット、デメリット

画像の説明

>>
次々に押し寄せる苦難と不運。1億稼いだ果ての挫折と、その先で見たものとは?
FX投資で1晩に635万円を失い、急性十二指腸潰瘍で救急車に運ばれ、燃え尽き症候群でメルマガに3ヶ月、料理レシピばかり書き連ねる日々。社員ゼロ、自宅事務所なのに、月の経費が200万円を超えていると税理士さんに宣告される。もはや、全てが終わったかのように見えた2月。岡崎は、自分を取り戻すきっかけとなる、ある教材と出会う。その教材とは何か。
>>
教材で最も難しい問題は実はサポート。サポートを手間をかけずに、継続課金につなげる方法とは?
ただ、購入者のサポートをしていたのではだめサポートをする人を育てるという心積もりでサポートをする。購入者の中で実践して、成果を出している人には、報酬を支払うのでサポートをしてもらえないかと依頼する。支払う報酬は、必ず、会員から得られる課金報酬をどうやっても下回る、絶対に赤字になりようがない設定を行う。どうやっても黒字にしかならない、サポートスタッフの雇用形態とは?
>>
とある有名著作本の著作者は、ファンが自宅の隣に引っ越してくるという事態に。ネットに住所を公開することの危険を回避する方法とは?
インターネットでものを販売する場合は必ず、連絡先住所を記載しなくてはならない。しかし、住所をインターネットに掲載することはいろんな危険がある。教材が良い場合はファンがおしかけてくる。また、実績(特にそれが収入である場合)は犯罪の対象となる可能性がある。インターネットに自らの居住所を公開することなく、安全に、合法的に教材出版を個人で行う方法とは?
>>
情報商材はいかに儲けにくいか。情報商材が思うように稼げない理由とその対策とは?
情報商材はリピートしない。どんなに良い教材も、分かりやすくても、1度買った人が同じものを2度買うことはない。そんな情報商材がここまで売れているのは、アフィリエイトという制度によるものと言わざるを得ない。しかし、アフィリエイトで教材が売れるといっても限界がある。売れた後に何を売るのか。そもそも、商材を売る前から、考えておかなければならない教材特有のバックエンドの仕組みとは
>>
税金対策。岡崎が実際にやってみて役に立った税金対策、役に立たなかった税金対策とは?
税金対策は結論から言えば、最初の2年間は全くやらないほうが良い、というのが岡崎の結論。そんなことを考えるより、稼ぐことに集中しなければならない。税金対策はしなくてもいいではなく、しないほうがいい。ただし、ある税金対策となる投資についてだけは別。このある税金対策だけはむしろしたほうがいい。なぜなら、この方法をとることによって、税金でとられるはずだったものが、お金を生み出す資産となるから
画像の説明
1億稼ぐ情報商材の作り方マスターノウハウパッケージ
(セミナーと「実演」のDVD×2、CD×3、セミナーレジメ(印刷物172ページ)×1;)
39,800円 → 19,800円
期間限定モニター価格
購入する
※オンライン通販、収録時間は155分です。
特定商取引に関する法律に基づく表示
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

[check]稼いでいるアフィリエイターに、どんな情報商材なら売りたいと思えるか、共通する点を直接、セミナー中にインタビュー

ご注意

■追体験型セミナー

この教材はマニュアル形式ではなく、「追体験型」のセミナーDVDになっています。
そのため、細かい手順はご自身でお調べいただく必要があります。
あらかじめ、ご了承下さい。

■扱っていない内容

以下の内容は、このノウハウ教材では扱っていません。

■扱っている内容

本教材は

方法を解説しています。

このノウハウ教材の対象となる人、お役に立てる人

以上の方々の為に、この教材は作られています。

このノウハウ教材の対象とならない人、お役に立てない人

上記の方々のためにはこの教材は作られていません。
もし、これらのひとつにでもあてはまるようであれば、絶対に買わないでください。

返金保証はありません

この教材は、返金を保証しません。
あらかじめご了承下さい。

ノウハウの主な内容はほぼ、このページに書かれていますので、書かれていることをご理解頂き、ご判断下さい。

参加者の声(アンケート)

[check]「雲の上の人という印象から、自分と同じところからスタートしているのだと思って、救われた気がしました。」

画像の説明

[check]来てよかったです。いろいろ勉強になりました。私の考えもしなかったことまで分かりました。

画像の説明

[check]法人化のこと、非常に分かりやすかったこと、動画マニュアルの作り方が印象に残りました。

画像の説明

[check]アフィリエイターに対するサービスの考え方がとても印象に残りました。

画像の説明

[check]私もこれから始めるにあたり、本当の0からの始め方がわかりました。岡崎さんの、0からのスタートを聞けて、自分でもいいヒントになりました。

画像の説明

[check]岡崎さんに喜んでもらえるようなお手伝いができたら嬉しいなと思いました。

画像の説明

[check]日8の見えなかった仕組みが見えた気がします。自分がやってきたことだけを伝えるというスタンスが勉強になりました。つい大きく話したりしたくなると思うのですが、おずさんの検挙なし生が勉強になりました。私はつい大きなことを言ってしまうことが多いので。(笑)

画像の説明

[check]私はまだ1円も稼げていないというか、これからやろうとしている段階です。どのように稼いでいるのかということが分かり、皆さんもすごい稼いでいることがわかり、いい刺激になりました。

画像の説明

[check]リアルビジネスのお話とても参考になりました。情報商材の次に発展するビジネスは思ってもいなかったです。

画像の説明

[check]広告の扱いが非常に勉強になりました。

画像の説明

[check]おずさんが立ち直るきっかけとなったエピソードとそのきっかけが興味をもてました。

画像の説明

追体験型の構成になっている

本セミナーの内容は岡崎さんの体験を時系列事にまとめてあったので情報商材を作成し販売するまでの流れがイメージしやすかったです。

また、自身の実績を元に商材を作成するという方法なので内容に無理が無く、よくあるタイアップ型の商材作成ノウハウよりも私にとっては現実的でした。

お陰様で私自身、まさに本セミナーの流れ通りに起業し販売も予定通り、好調に進んでいます。

アフィリエイターならではの視点

多くの情報販売者が苦手とする、アフィリエイターさんに上手く動いて頂くための方法は実際にアフィリエイトで稼いで来た岡崎さんならではのノウハウだと感じました。

アフィリエイターさんが喜ぶ条件、紹介しやすい環境を整えてあげる事により自分の力だけではアプローチ出来ない見込み客を集めてもらえるという点でアフィリエイター対策は非常に重要だと思います。

その具体的な方法が公に語られているのは私が知る限りこのセミナーだけでした。

売った後の事が書かれている

通常の情報起業ノウハウというのは、商材を作成し、売る所までしか説明の無い多いようですが、本セミナーでは稼いだ後の事に触れられているのが非常に参考になりました。

ネット起業を元に実社会でのビジネスへの展開や税金面などの話しについては売る前に聞けた事は貴重だと思いましたし、私はここで聞けた情報を元に、法人化を先延ばしにする事を決めました。

また、バックエンド販売についても参考になりました。

簡単に稼げるイメージがある情報販売ですが仕組みを作っておく事の重要性が予め聞ける機会は少ないと思います。

なぜ複数商品を用意する必要があるのか、どういう商品を用意すれば良いのかが分かっていれば販売後にバタつく事がないと思います。

私はこの点を甘く見ていたせいで現在バタついています。商品の販売前にもう一度セミナーDVDを良く見直せば良かったと反省しています。

このセミナーで得たノウハウを使って得られた成果

私は昨年の11月に自身の商品を販売開始しましたが
本セミナーの内容を参考にしたおかげで販売開始たったの数ヶ月で売上げ1000万円を突破しました。

画像の説明

支払いアフィリエイト報酬を見て頂ければわかりますが当商品は現在アフィリエイター経由での売上げが非常に多くこの点は本セミナーのノウハウが非常に役に立った点です。

また、当商品にはサポート用のフォーラムを用意しているのですが本セミナーのノウハウをアレンジして運用する事により非常に質が高く、活発な運営を継続出来ている事も成果の1つだと思います。(松原智彦)

結局、半年かかった


結局、この教材ができてから
販売開始するまでに、また、半年間かかってしまいました。



あまりに長い時間ですが
でも、これでよかったような気もします。



なにより、私は教材制作を
自分の体験を整理して、自分が吸収するための手段
として考えているふしがあります。



私自身、整理するのにとても長い時間がかかりますから
やはりこれぐらい時間をかけたほうがよかった。



そして、
情報商材の売れる要素について
このことを扱っているものは
やはり前回同様、未だに他に見当たりません。

この教材の対象となる人



この教材は自分の実績や体験を
世の中の役にたてたいと思う人の役にたてます。



まず、分かりやすい教材を作るには
どうしたらいいのか。

私自身、理解力が低いので
多くの教材は買っても、実践することが
できないでいます。



誰でもが実践できて、ある程度の成果があげられる教材。
それこそ、教材とよべるものだとは思いませんか。



作るのは楽ではないですが、一度、作ってしまえば
その教材はずっと、壁にぶつかっている人の傍らに立ち、
理解したいと思う人を助け続けることができます。



第2にアフィリエイターとの協力体制。



インターネットで最もものが売れるのは
多くの優良なアフィリエイターに手伝ってもらうことです。



これ以上に広告効果の高い方法を
未だに知りません。



にもかかわらず、私が知る限りでは
アフィリエイターをもののように扱っている販売者が
とても多いです。



アフィリエイターは物を買う人の視点で売るプロです。
どんなものを作れば売れるか、
どうやって売れば売れるかを、体験を通して知り抜いています。



その彼らを、なぜ、大事にしないのでしょうか。



逆に言えば、
誰も大事にしないから、一人大事にしている私が
簡単に勝ててしまいます。

多分、大事にするという感覚が分からないのだと思います。
どうしたら、アフィリエイターと良好な関係が築けるか、
本当に学びたいと思っている人、その人のお役に立てます。



3っつめに、稼いだ後の不安がある人。

私は2憶売れたマニュアルを
売り出す前は本当に不安でした。



何が不安なのか、分からないぐらい
不安でした。



売れなかったらどうしよう、というのもありましたが
売れたらどうしようというのもあったわけです。



売れたお金をどう使ったらいいのか、
税金はいくらぐらいかかって、いつまで残しておけばいいのかとか。

会社を立ち上げるとどんな苦労があるのか。
笑って近づいてくるこの人を信じてよいのかいけないのか。



本当に稼げてしまった後、
こういうことに対処するのでは、遅いと思うことが
いくつかありました。



実際に、失敗もしましたし、8桁のお金を無駄にもしました。



稼ぐ前に、稼いだあとのことは
知っておかないといけません。



もし、あなたが、これから大きく稼ぐ可能性があるなら
この話は無駄ではないはずです。


1億稼ぐ情報商材の作り方 売り方 売れた後

画像の説明
1億稼ぐ情報商材の作り方マスターノウハウパッケージ
(セミナーと「実演」のDVD×2、CD×3、セミナーレジメ(印刷物172ページ)×1;)
39,800円 → 19,800円
期間限定モニター価格(レシピがないので安いです)
購入する
※オンライン通販、収録時間は155分です。
特定商取引に関する法律に基づく表示

追伸

成功事例を作り、そこに至るプロセスをノウハウ化し、その実践者がちゃんと成果がだせる環境を作れば、その後は、たとえあなたがこの世を去った後も、ノウハウは引き継がれ、価値を提供し続けます。

そういう意味では、教材を作り、販売する仕組みをインターネット上に作ることは、あなたの体験を共有する仕組みを作るということであり、教育プロセスを自動化するということになります。

私はこの点に、インターネットでノウハウを直接販売することの面白さを感じています。

なにより、この方法は、基本的には一人で自宅で、ほとんど費用をかけることなく、完成させてしまうことができます。

本当に面白い、良い時代だと感じています。

しかし、逆の立場として、お客として、教材や本を探して見て廻ると、多くの人が必要としている知識、ノウハウ、マニュアルが、未だ存在しないジャンルや、あったとしても、本当に分かりにくい、実践することすらできない教材がたくさんあります。

実績をもっていて、ノウハウもあるのに、教材としてうまくないために、購入者が価値を得られない、実践できないということが多々あります。

それはとても悲しいことです。

私はその間の架け橋になれたらと思っています。十先をもった確かなノウハウを提供したい人、信頼性のある一流の教育を受けたい人の間の架け橋になりたいです。

あなたがもし、自らの実績を世に広く役立てたいとしたら、この教材はお役にたてます。

追伸 その2

このセミナーは教材化については消極的でした。なぜなら、出来がよくはなかったからです。3時間でレジメ171ページ。私も初めて、自分で主催するセミナーということで本当に大変でした。

私の2年間を十分伝えられたか、不安でした。

ところが、私の予想を裏切り、セミナー参加者の中から、次々と成果を継続して上げる方々があらわれました。

私は不思議に思い、どうして彼らは成果をあげられたのかと考えました。

結果として思いついたのは、彼らは、私を見て、「こんなしょぼいやつでも1億稼げたなら、自分だったら余裕」という具合で、いい塩梅で「なめていただいた」からだという結論に達しました。

もちろん、内容には出し惜しみをせず、うまくいったことも、うまくいかなかったことも、全部お伝えしています。

その中で、なによりつかんでいただきたいのは「こんなやつでもできるのか」という感覚なわけです。

こんなやつでもできるわけです。
みなさんができないわけがない、わけです。

そういう視点で見ていただければ、まず間違いないだろうなと思います。

1億稼ぐ情報商材の作り方 売り方 売れた後

画像の説明
1億稼ぐ情報商材の作り方マスターノウハウパッケージ
(セミナーと「実演」のDVD×2、CD×3、セミナーレジメ(印刷物172ページ)×1;)
39,800円 → 19,800円(レシピがないので安くなっています)
期間限定モニター価格
購入する
※オンライン通販、収録時間は155分です。
特定商取引に関する法律に基づく表示

}}

powered by Quick Homepage Maker 4.07
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM